マリアージュ
~神の雫 最終章~ とは



概略と個人的感想

概略 :

2015年5月よりコミックモーニングにて連載開始。

前作、「神の雫」で残された最後の一本、「神の雫」対決への参加権を得るために、「神の雫騎士団」将校(オフィシエ)7人に分配された「神の雫」の記述を獲得するための戦いを雫と遠峰が強いられる。

雫・遠峰の対戦内容は、ワイン単独の味わいから、ワインと食べ物のマリアージュへ移行。
使徒勝負同様、勝敗はマリアージュの質や完成度が最優先ではなく、マリアージュの理解度(その世界観を言葉でどの様に表現するか)に重きを置く。

個人的感想 :

■ 「神の雫」に新たな設定を付加し、続作は「マリアージュ」に切り口が変えられました。 当然、新設定の追加で、様々な矛盾も生じています。

新たな設定はレビューで…

雫は「ワイン無知」から、一年の海外修業の旅を終え、かなりワインの知識を得ていますが、遠峰を始めとする前作でプロフェッショナルな位置づけで描かれた人たちには、まだ遠く及ばない様子です。

また、料理との「マリアージュ」で、作者オリジナルの「マリアージュメソッド」や、初めて聞く目新しい情報は存在せず、食べ合わせ趣向を妄想風景で飾り立て、それを登場人物が絶賛する形がテンプレート化しています。
趣向は個人差がありますので、ワイン単独の味わい評価よりもハードルは高く、このコンセプトでの読者への有益な情報提供、および長期展開はかなり難しそうな予感がします。

ストーリーの雰囲気は「神の雫」末期と全く同じか、さらにバトル色を強めた感じ。
相変わらず様々に思わせぶり、意味ありげに派手なフラッグをドカドカ立てますが、それらは伏線ではなく、その後は全く無視されるか、直後の話で極めて平凡に処理されます。 連載開始半年で、早くもマリアージュはネタ切れ感が蔓延しており、先々不安な状態です。(2015/12)

マリアージュを主題に据え、ワインを楽しむ(料理に併せてワインを選ぶ、ワインに併せて料理を選ぶ)上で一般的に役立つ情報が享受される事を期待していましたが、 その手の情報は一切無くなりました。
作者の趣向(フランスワイン万歳)に基づき、作者が飲み食いしたワインと料理、その時に店から聞いた話を登場人物にそのまま語らせていますので、その店で、その時にしか成立しないマリアージュの報告に過ぎません。
さらに、ワインに合う様創意工夫した料理人や、ワインを産みだしているワイナリー・醸造家が偉いのではなく、ワインを選びマリアージュのイメージを表現した人間こそが偉大であると説き、登場人物はそれを偉業としてひたすら絶賛しています。  マリアージュのイメージを詩的に表現するというマリアージュ・バトルは、常に主観的対決のため、読者にはその優劣判断は全く出来ません。 最終的に作者のみが納得できる論理で勝敗の判定が付けられます。(2016/8)

マリアージュ
~神の雫 最終章~ Comics



コミックス購入